素肌美人 スキンケア

素肌美人

お肌の潤いが失せれば、バリアー機能が下落し、肌荒れや老化の要因になります。すなわち保湿が正にスキンケアのポイントなんです。

 

ところが、今までの常識と見なされてきた化粧水をたっぷりと付ける保湿は、言わばその場しのぎの緊急処置と一緒。

 

その時だけ潤っても、時間が経ったら簡単にカラカラになってしまいます。

 

 

 

キチンとお肌をうるおすには、ただ水分を加えるだけの保湿ではなく、お肌自体を乾燥しづらい状態にもっていく考え方のケアが必要とされるのです。

 

保湿とは、その名が示す通り湿気を保つこと。すなわちお肌の水分を適度にキープするためのスキンケアのことなのです。
「何で今さらそんな事を?」という人もいらっしゃるかもしれませんが、実際は保湿の定義を正しく認識している人はほとんど見られません。

 

健康的なお肌の角質には約20〜30%の水分が内包されていますが、これが20%以下に陥ることを乾燥肌と言います。
寒い季節など空気中の湿度が50%以下になると、角質の水分があっという間に蒸発するようになります。

 

お肌が突っ張るなどといった自覚症状におちいってきたときには、お肌の水分量はわずか10%以下になっているケースも。

 

保湿のメカニズム

 

お肌から水分がなくならないようするのが保湿の役割なのですよ。
しかし人間のお肌にはもとは水分をキープする仕組みが備わっています。

 

そのメカニズムは老化と共に低下するので、それをカバーしてあげるのが、保湿の目的なんです。
お肌の水分と言ったら化粧水と思われることが多いですが、水自体を与えても蒸発してしまうので、保湿になりません。

素肌美人

 

 

また化粧水が蒸発することがないように乳液で蓋をすれば保湿は完璧だと思っている人も多いのですが、残念でありますがそのことも考え違い。基本的に油分の保湿力はあんまり高くないといえます。

 

ホントの保湿とは、からだの外部から水分を取り入れるのではなく、カラダの中から湧き出てくる水分をお肌の中でキープするようにサポートすること。

 

 

潤ったお肌は、然るべき保湿が上手くいっているサインです。

 

では、お肌が潤うとは、そもそもどの様な状況を指すのでしょうか?
それはお肌が自力で保湿物質をつくり出し、角層内に水分をキープしておける状況です。

 

保湿物質がキチンと働いていれば、湿度が0%になっても水分は蒸発しません。保湿物質を作る力が弱まってくるとお肌は乾燥するんです。

 

角層の水分を守っている保湿物質には、本当のところは皮脂、天然保湿因子、セラミドなどの様な角質細胞間脂質の3つを挙げられます。

 

こういったものが助け合いながら、水分をキープしているのです。
角質の水分のうち80%以上はセラミドなどの角質細胞間脂質が16〜17%は天然保湿因子が守っています。

 

皮脂の果たす役割は2〜3%と非常に少なく、水分を保持する力はほんの少ししかありません。
セラミドなどの角質細胞間脂質がお肌の水分を守る最大のポイントと言えます。

 

そしてお肌にもいいサプリメントをご紹介します。